知らない間に進行

日本は近年、世界でも類を見ない超高齢化社会、長寿の国になってきています。
定年を過ぎても、元気に毎日過ごしたい、ゆっくりと自分の時間を楽しみたい、と思う年配の方が増えて80歳過ぎても元気な方がいらっしゃいます。
歳をとってもいつまでも元気に過ごすには、若い時に行う体力作りが大事です。よく、筋肉を鍛える事には意識をしがちですが、人間の体の基礎となる骨を鍛える意識が乏しい方が多いようです。

骨粗鬆症というのはご存知ですか?
些細な事で骨折したり、背中や腰がよく痛んだり、背中が丸くなった、身長が急に縮んだという症状が出てきたら骨粗鬆症の疑いがあります。
しかも骨粗鬆症は、年配者に多い症状ではなく、若い人もなりやすく、知らない間に進行している病気なのです。
多くの人は、自覚症状が乏しく、軽度の骨折などでしか判明しない為に、症状が出ないと治療がしないというケースが多く、放置すれば次第に動けなくなって寝たきりになるという事もあります。
早期に発見できれば、今の治療法は様々ですので、回復はしますが、骨粗鬆症にならない為にはいくつかの予防策が必要です。

また、骨粗鬆症は女性がなる確率が非常に高い事でも知られています。
その要因になるのが女性特有のものなので、特に女性の方は日頃からの対策や軽度で済む治療で対応しなければなりません。

骨粗鬆症の原因と治療法、そしてどのようにすれば骨粗鬆症にならないでいつまでも健康で楽しく過ごせる生活をおくれるのかを見ていこうと思います。

OUT LINK

Calendar

2014年10月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031